国と民間の教育ローンの違いはどんな事

国の教育ローンは銀行や信用金庫などから借りられるよりも低い金利で借りる事が出来、母子家庭の場合は国のローンはさらに金利が下がります。
しかし国の場合は契約時に連帯保証人が必要になりますが、銀行や信用金庫の教育ローンの場合は連帯保証人が必要ない場合が多くございます。
何故国の場合連帯保証人が必ず必要になるかと言いますと、貸し付けられるお金は日本国民の税金によってまかなわれているからです。
また国の教育ローンは一人の学生に300万円までと言う融資額決められていますが、民間のローンの場合は各金融機関によって融資額が異なります。
国のローンは民間の物より審査が厳しくなっておられますので、教育ローンをお考えの方は国と民間の物どちらにもお申し込みをされた方がいいと言えます。
国の方の審査を通過する事が出来なかったとしても民間で通過する事が出来ると言う場合もございますし、国のローンはキャンセルする事が可能となっています。
民間のローンはキャンセル出来るものが大半ですが出来ない物も有るので契約時にきちんと確認しましょう。

Copyright©教育 All Rights Reserved.

教育